「不動産投資」の可能性を解説するサイト

>

不動産投資は普通の人でもできるのか?

個人での不動産投資は可能なのか?

掲題の疑問ですが、結論から言うと「可能」です。
具体的には「資金を用意して、普段の運用は専門の運用会社に任せる」というスタイルで行っていくことが基本ですが、それがサラリーマンの平均的な年収でも可能である、ということです。
不動産投資の基本は「ミドルリスク」であり、大きな利回りではなく、長期的な投資で少しずつ回収をしていくということにつきます。
また、不動産収入を副業とする事で、節税の効果もあります。
不動産投資で安い物件を買い、リフォームや増改築・維持管理費用などを計上し、もし赤字になった場合、それを本業の給与所得で差し引けば、その分は「所得税」の還付対象となります。
このように、不労所得を得る以外にも、様々なマイナスやリスクを相殺できるのが、不動産投資なのです。

リスクは本当に無いのだろうか

不動産投資はミドルリスクといった程度のリスクではありますし、FXに挑戦するよりは多少安全ですが、それでもリスクは存在します。
例えば、少子化。
日本の人口は、これから減少の一途をたどり、更に少子化が加速して超高齢化社会がすぐそこまで迫ってきています。
そんな状況は特に地方で顕著なので、大きなマンションを沢山購入することは、損失ばかりが増えてしまう原因となりかねません。
しかし逆に、都内の場合、人口が増え続けているので、賃貸物件の需要もまた増加の傾向にあるのです。
そのため、都心の賃貸住宅には根強く需要がありつづけています。
このように、投資には投資に向いた「人の動き方の見極め方」があり、「家賃が安い場所=稼げる場所」という考え方にはなりません。
少額から始めていけば、株やFXのようなリスクは押さえられると言えます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る